ファッション性が問われる財布

財布は長財布にしろ、小銭入れにしろファッション性が問われるので、男性といえども無関心ではいられません。

財布は布製か、革製か、ということでは、男性は圧倒的に革製品を重要視します。


では、革ならどんな革かということになると好みもあり、どれが良いという結論は出ませんが、色で言えば茶、若しくは黒が多く使われているようです。


高価な革は見た目にも艶がありますが、艶と光沢は、買ったときよりも後の手入れで大きな差が出てきます。革を磨くための油は実に沢山の種類が売り出されていますが、安いものではグローブを磨く油があり、これが結構使えるのです。革磨きは油の質、量よりもどれほど丁寧に磨くかという点にかかってきます。

一つ上の30代メンズの財布の優良サイトならこちらで見つかります。

毎日磨くのか、週に1回なのか、月に1回なのか、人によって磨く回数は違いますが、週に1度程度がよいようです。
グローブ用の油であっても、週に1度、10分以上かけて丁寧に磨いていると、自然に光沢が出てきて、買い求めたときとは違った落ち着いた色になってきます。
この光沢はどんな安物の革であっても、高価なブランド品に劣らない光を出してくれます。



こうなると何も高価なブランド品を買わなくても安物で十分と思いますが、問題は財布の持つ機能性です。機能性といってもあくまでも財布ですから、中に特殊な仕掛けがしてあるなんていうことはありません。

お札が入って後はカード入れがあって、小銭入れが付いているといった程度のものですが、これが意外と使いよいのとの悪いのがあるのです。



この使い勝手のよしあしが、まさにブランド品の値打ちを左右するのです。


でも一般の人は、見た目で判断するので、どんな安物であってもせっせと磨き上げることが大切です。